epilata
■エピレタの商品情報

本体価格 39,800円
最大照射数 150,000発
照射面積 2.7㎠
出力調整 5段階
脱毛可能部位 全身(IOライン,乳輪,目周辺を除く)

とっても面倒なムダ毛処理ですが、女性である限り避けて通ることはできません。エステやクリニックで永久脱毛をすれば、どんなに楽になるだろう、と思っている方もきっとたくさんいらっしゃることでしょう。

でも、全身脱毛には数十万円のお金がかかります。学生さんや主婦の方はもちろん、毎月ある程度のお給料をもらっているOLさんでも、そう簡単に出せる金額ではありませんよね。

そこでオススメしたいのが、アイリスオーヤマが販売している「エピレタ」。脱毛効果が高いのにコスパも抜群と、今話題の家庭用脱毛器です。

今回は、そんなエピレタについてご紹介していきたいと思います。

▶▶エピレタの商品情報はこちら

家庭用脱毛器エピレタのここがオススメ!

エピレタは、軽くて持ちやすい、コロンとした可愛らしい形の脱毛器。ピンクの持ち運びしやすいコンパクトケースに入っています。

憂鬱なムダ毛処理が楽しみになってしまうような、女性心をくすぐるルックスですが、脱毛器としての実力も本物です。

まずは、エピレタのオススメポイントを5つご紹介していきましょう。

オススメポイント① 光照射+超音波で肌にやさしい

エピレタは、特許技術「HPL(ホームパルスライト)」を使用した脱毛器です。

ホームパルスライトとは、熱エネルギーに、超音波の振動を加えた脱毛方法。従来の脱毛器よりもエネルギー量を抑えつつ、高い脱毛効果が得られます。

そのため、一般的な光照射のみの脱毛器よりも肌に与えるダメージが少なく、痛みの少ない安全な脱毛をすることができます。

オススメポイント② 照射回数150,000発!これ1台で全身脱毛ができる

エピレタは、カートリッジ交換のできない使いきりの脱毛器ですが、照射回数はなんと150,000発。1度購入すれば、全身脱毛が可能です。

例えば、両ワキ+両ヒジ下+両ヒザ下の脱毛1回には約360発必要ですが、これを2週間に1回、3年間行った場合でも、かかるのは約26,000発です。

  • 1回のケアでかかる回数
  • 両ワキ20発+両ヒジ下100発+両ヒザ下240発=360発

  • 1ヶ月にかかる回数
  • 360発×2(2週間に1回)=720発

  • 3年続けたとすると…
  • 720発×36ヶ月(3年間)=25,920発

このように、女性が特に気になる3ヶ所の脱毛を行っても、まだ12万発以上余裕があります。1台あれば、Vライン・太もも・うなじ鼻の下のケアも十分にできそうですね。

オススメポイント③ 脱毛器のなかでは低価格

最近では、5~7万円ほどする脱毛器も多いなか、エピレタは39,800円と比較的低価格です。

実際、もっと安い脱毛器もあります。しかし、ムダ毛をなくすのではなく、単に肌表面に出ている毛を焼き切るだけのものだったり、照射数が少ないために何度もカートリッジを買い足す必要があり、結局高くついてしまったり…というものも少なくありません。

価格と照射数のバランスを考えると、エピレタはかなりコストパフォーマンスの良い脱毛器と言えるでしょう。

オススメポイント④ 2種類の安全センサーがついている

エピレタには、肌色センサーとタッチセンサーというダブルの安全センサーが搭載されています。

肌色センサーとは、照射前にセンサーが肌の色の濃淡をチェックするというもの。日焼けや色素沈着した肌など、ヤケドの恐れがある肌には照射ができないセーフティ機能です。

また、肌と照射面がぴったりと密着していないと光が照射されないタッチセンサーは、目などへのご照射を防ぐことができます。

オススメポイント⑤ 充電切れの心配がない

エピレタはコンセントにプラグをさして使うタイプの脱毛器です。コードレスの方が便利なのでは…と思う方もいるかもしれませんが、実はそうとも限りません。

例えばコードレスの場合、使用前に何時間か充電する必要があるうえ、広い範囲を脱毛する際は、途中で充電が切れてしまうこともあります。また、充電がなくなる間際になると、パワーが弱くなってしまうことも。

エピレタは、そういった心配がなく、常にフルパワーで使用することができます。

▶▶エピレタの商品情報はこちら

エピレタのデメリットは照射範囲が狭いこと

エピレタは、人気のケノンなどと比べて照射面積が2.7平方センチメートルと少々狭いのが難点です。1度に照射できる範囲が狭いと、それだけケアに時間がかかってしまいます。

しかし、本体の重量が220gと軽いので、使っているうちに腕が疲れるといったことはありません。また、照射スピードも速いので、ストレスなくスムーズに脱毛ができます。

本体価格も39,800円とケノンに比べて30,000円ほど安く、脱毛効果の高いホームパルスライトを採用していることなども考えると、総合的に見て非常に優れた脱毛器と言えます。

エピレタの使い方

エピレタは、I・Oライン、乳輪、顔の鼻から上をのぞいて、全身全ての脱毛に使用できます。使い方もとっても簡単です。

1.シェービング

当日、または前日に電気シェーバーやカミソリで脱毛部位を剃っておきましょう。この時、毛抜きを使用してしまうと、脱毛器の光が毛根のメラニン色素に反応しなくなるため、脱毛効果が出ません。

2.照射レベルを設定

コンセントにプラグをさし、電源ボタンを押して照射レベルを設定します。レベルは5段階調節が可能。照射レベルが強いほど脱毛効果は高いですが、人によっては痛みや刺激を感じることも。最初は最も低いレベル1に設定しましょう。

3.脱毛スタート

いよいよ脱毛していきます。照射部を肌に押し当て、脱毛可能の合図である肌色センサーライトが点滅したら、照射ボタンを押してください。チャージ時間(1発打ってから次に打てるまでの間隔)はレベル1で1秒、レベル5で3.4秒です。

最初は2週間に1度、毛量が少なくなり始めたら1ヶ月に1度のペースでケアをするのがオススメです。ほとんどムダ毛が生えてこなくなったら、気になったときのみ使用しましょう。

エピレタはこんな人にオススメ

  • できるだけコスパの良い家庭用脱毛器を使いたい
  • 肌にやさしい脱毛器を選びたい
  • バッテリーの残量を気にせずに使えるコンセント式の脱毛器を使いたい
  • 痛みの少ない脱毛器を使いたい
  • 長時間使っても疲れない軽い脱毛器が良い
  • Vラインの脱毛がしたい

まとめ

エピレタは、全身脱毛をするのに十分な照射数、特許技術である光脱毛と超音波振動を用いたHPL方式、5段階のレベル調節、2種類の安全センサーなど、脱毛器としての機能はバッチリ。なのに価格も比較的安いという、かなりコスパの良い脱毛器です。

エステに行きたいけどお金がない
ちゃんと効果のある家庭用脱毛器を選びたい

という方は、ぜひ検討してみてください。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!