埋没毛」とは皮膚の下で成長してしまった毛のこと。ワキやスネなど、毛が太く濃い部分にできやすい傾向があります。

皮膚の下に埋もれてしまっているために処理がしにくく、なぜか同じ場所に何度もできてしまうことも。黒いブツブツが結構目立つため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この埋没毛、毛抜きやカミソリでの自己処理が原因と思われがちですが、実は、家庭用脱毛器の使用でもできることがあります。

そこで今回は、脱毛器の使用で埋没毛ができてしまう原因、そして埋没毛ができない脱毛器の使い方について解説していきたいと思います。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

埋没毛はどうしてできるの?

埋没毛は、私たちが普段何気なく行っているムダ毛処理が原因でできます。

例えば、ブラジリアンワックスは、肌にペースト状のワックスを塗り、その上にシートを貼って一気に引き抜くというもの。毛の流れに逆らって無理やり毛を引き抜くため毛穴に負担がかかります。

ワキの処理には毛抜きを使う方も多いと思いますが、毛抜きも同様に毛穴に無理な力が加わっています。

また、最も手軽なムダ毛処理方法であるカミソリは、毛と一緒に角質層も削り取ってしまいます。剃ったあとに、肌がヒリヒリしたり赤くなったりといった経験はどなたにもあるのではないでしょうか。

このようなムダ毛処理によってダメージを受けた肌は、傷を修復しようとしてかさぶたを作ったり、繰り返す刺激から肌を守ろうとしてバリア機能が働き、角質化してしまったりします。

すると、この角質やかさぶたが蓋の役割となって、新しい毛が肌の表面に出ることができなくなってしまいます。出口がなくなった毛は、皮膚の下で成長してしまい、埋没毛になるというわけです。埋没毛

当然のことながら、皮膚の表面に出ていない埋没毛は、抜くことも剃ることもできないため、なかにはカッターや毛抜きで無理やりほじくり出すといった方もいるようです。

しかし、そのようにして肌を傷つけることでさらに修復作用が働くため、次に生えてくる毛もまた埋没毛になってしまう可能性が高いのです。

脱毛器で埋没毛ができる原因は?

では、なぜ皮膚や毛穴を傷つけることのない脱毛器でも、埋没毛ができるのでしょうか。

フラッシュタイプ(光タイプ)やレーザータイプの脱毛器は肌の上を滑らせて光を照射するだけ。刃物を当てたり、力を加えたりすることはありません。

しかし、脱毛器の光を照射すると、肌に熱がこもってしまうため、肌表面がとても乾燥しやすくなります。乾燥は肌のターンオーバー(生まれ変わり)を阻害するため、古い角質がたまりやすくなってしまいます。

また、場合によっては、照射部位に赤みが出て軽いヤケドのような状態になることもあります。すると、やはり肌の炎症を抑えてダメージを修復しようとする力が働くため、カミソリを使用したときと同じように埋没毛ができやすくなってしまうのです。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

脱毛器で埋没毛を作らないためのポイント

どんな方法で脱毛をしたとしても、埋没毛はできてしまうのでしょうか。

そんなことはありません。実はとても簡単な3つのポイントをおさえるだけで、埋没毛を作らずに脱毛器を使うことが可能です。

1.脱毛前のムダ毛処理にカミソリは使わない

脱毛器を使う前には、照射した熱エネルギーがしっかりと毛根に伝わるように、肌表面に出ている毛を短く処理しなければなりません。

しかし、その際にカミソリを使用してしまうと、肌が傷つき埋没毛の原因になってしまいます。特に、深剃りや逆剃りは肌表面を削り取ってしまうので絶対にNGです。

また、切れ味の悪い錆びたカミソリは、肌を傷つける上に傷口に雑菌が入ってしまうため、肌トラブル、ひいては埋没毛ができる原因になってしまいます。

脱毛前の処理には、肌ダメージの少ない電気シェーバーを使用しましょう。

2.保湿ケアをしっかりする

脱毛器を使用した直後は、肌が熱を持っているため放っておくと乾燥が進んでしまいます。保冷剤をあてて、出来るだけ早くほてった肌を冷却し、その後はクリームなどでしっかり保湿しましょう。

また、先ほどもご説明したとおり、乾燥は肌のターンオーバーを乱し、埋没毛の原因である古い角質をためやすくしてしまいます。脱毛器を使っている期間は、脱毛直後だけでなく、常に保湿をこころがけるようにすると、埋没毛ができにくくなります。

3.抜くタイプの脱毛器は使用しない

家庭用脱毛器のなかには、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛のほかに「サーミコン脱毛器」という熱線でムダ毛を焼き切るもの、そして「泡脱毛器」と呼ばれる、泡で毛をからめとりながら引き抜くものがあります。

この中で、毛をつかんで引き抜くタイプの泡脱毛器は、毛抜きやブラジリアンワックス同様、毛穴にダメージを与えるため、埋没毛になる可能性が高くなってしまいます。

フラッシュやレーザーの脱毛器に比べて本体価格が安く、一気にムダ毛を処理できるため、手軽な方法ではありますが、埋没毛にお悩みの方にはおすすめできません。

脱毛器を正しく使えば埋没毛は防げる!

埋没毛は、間違った自己処理による皮膚へのダメージや炎症が原因です。カミソリや毛抜き、ワックスで頻繁にムダ毛処理をしている限りは、これらを避けることは難しいでしょう。

でも、保湿や冷却をしっかり行ったうえで脱毛器を使えば、肌へのダメージは最小限に抑えることができるため、埋没毛ができることはほとんどなくなります。

脱毛器によってムダ毛がなくなれば、そもそも肌に負担をかける自己処理をする必要もなくなるので、見せたくなるようなスベスベ肌になれます。

繰り返しできる埋没毛にお悩みの方や、せっかく自己処理をしても埋没毛があって肌がキレイに見えないという方には、ぜひ家庭用脱毛器を使ってみてください。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!