生理中の脱毛エステサロンのように予約をする必要もなく、いつでも自分の好きなタイミングでムダ毛処理ができる脱毛器。便利ですよね。ただ、そんな脱毛器にも、あまり使用をオススメできない時期があります。それは、生理のときです。

今回は、なぜ生理のときに脱毛器を使わない方がいいのか、また使用する際にはどんな点に注意したらいいのかを、解説していきます。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

生理中に脱毛器の使用がオススメできない理由

女性は生理周期によってホルモンバランスが変わります。そして、このホルモンバランスによって、体調や肌の調子が変化します。以下は、生理周期を28日間としたときの体の様子です。

生理中/月経期 体温が低く血行が悪い/肌が乾燥している/体調が悪い
生理後7日間/卵胞期 女性ホルモンのエストロゲンがピーク/肌が潤う/体調が良い
生理後15~21日/黄体期前期 肌の内側が乾きやすい
生理後22~28日(生理直前)/黄体期後期 皮脂の分泌が盛んになり吹き出物が出やすい/体調が悪い

生理中や生理直前は一般的にあまり体調が良くなく、加えて生理中は肌が乾燥していることが分かります。これは実際に感じている女性も多いことでしょう。

肌が乾燥していると、脱毛器を使った際に痛みを感じやすく、肌トラブルが起きやすくなります。市販のヘアカラーも、生理中は刺激を感じやすいので避けた方が良いとされていますよね。

家庭用脱毛器は何か問題が起こった際も、自己責任になってしまいます。安全にそして快適に使うためには、肌の状態が良くない生理中のケアは避けた方が良いです。

どうしても生理中に脱毛する際の注意点4つ

脱毛器の使用は生理中を外すのが理想ですが、時には、どうしてもこの日に脱毛したいという場合があると思います。その際、これだけは注意した方が良いという点を4つご紹介したいと思います。

1.生理中はIライン、Oラインの脱毛をしない

Iラインとは陰部の両側、Oラインとは肛門の周りのことを言います。…となると、これはあたりまえですね。脱毛器は肌に直接触れるものなので、経血がついてしまうととても不衛生です。

ちなみにVラインは、ショーツを履いたときにはみ出る部分なので、ナプキンをつけながら脱毛することは可能です。

2.普段よりも照射レベルを下げる

生理前や生理中の肌は普段より敏感なので、痛みも感じやすくなっています。照射レベルはいつもより低めにスタートし、様子を見ながら少しずつ上げていきましょう。

3.脱毛前、脱毛後の冷却をしっかり行う

脱毛時の痛みをやわらげるため、そして脱毛後のほてりをできるだけ早く鎮めるためには冷却がとても大切です。1発1発の照射のたびに、保冷剤などを使って脱毛部位をしっかりと冷やしましょう。

また、脱毛当日は、湯船に入って体を温めると赤味が出ることがあります。ぬるめのシャワーですませましょう。

4.ケア前日、ケア後の保湿を十分に行う

生理中は肌が乾燥しやすい時期です。乾燥していると痛みを感じやすくなったり、肌トラブルの原因になったりするため、いつも以上に保湿を心がけましょう。特に、脱毛器を使用する前日の夜や、脱毛後は保湿性のあるクリームをしっかり塗ってください。

ただし、脱毛直前にクリームを塗ってしまうと、クリームに含まれる成分が脱毛器の光に反応し、脱毛効果が出づらくなったり、埋没毛やシミを作る原因になる可能性があると言われています。ケア直前に何か塗ることは避けた方がよいでしょう。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

脱毛器の使用が最も適しているのは生理後

逆に、生理が終わってから次の排卵が起こる前までの約7日間は、脱毛に適している時期です。体調が1ヶ月のうちで最も良く、肌の水分量が増えるため乾燥しにくく、痛みも比較的感じにくいでしょう。

できれば、この時期を中心に脱毛計画を立て、生理期間を避けながらできるだけ定期的にケアしていきましょう。

それぞれの脱毛器にはメーカーが推奨する使用間隔があります。頻繁に使用したからといって脱毛効果が高くなるわけではないですが、間隔を空けすぎても効果が薄れてしまうからです。

生理周期を気にせずに脱毛できるのは、家庭用脱毛器ならではの特権

生理中に脱毛器の使用がオススメできない理由をご説明してきました。これから脱毛器を購入しようかな、と思っている方は「なるほどね~」と思いながら読んで下さったと思います。

でも、これがエステサロンや脱毛クリニックに通うとなると、生理周期の話はもっと深刻な問題になります。

エステやクリニックでは、予約日と生理が重なってしまうと、ほとんどの場合IラインやOラインのケアは受けられません。他の部位だとしても、漏れが気になってベッドに横になるのが不安だったり、そもそも生理直前や生理中は体調が悪いことも多いですよね。

ただ、キャンセルは施術1回分としてカウントされることも多いため、回数制限のあるコースの場合、支払った料金が無駄になってしまいます。

そのため、予約をする際には生理周期を慎重に考えなければいけませんが、2~3ヶ月先の生理日をピッタリ予測するのは大変です。生理不順の人だと予測すらできないので、カケに近い予約になってしまいます。

さらに、人気のサロンの場合、キャンセル後の予約がなかなか取れず、何ヶ月も間が空いてしまうこともあり得ます。

家庭用脱毛器なら、自分の好きなタイミングで使えるので、生理周期を気にしなくても大丈夫。「今日で生理が終わるから明日あたりやろうかな」などという風に、自由に脱毛日を決められるのです。

まとめ

体調や肌状態の悪い生理中に無理に脱毛器を使用しても、あまりメリットはありません。同じように妊娠中の脱毛もオススメしていません。

痛みをやわらげるために照射レベルを下げることも可能ですが、出力が弱ければそれだけ脱毛効果も下がってしまいますし、脱毛効果が低いのに、カートリッジを使用するのはもったいないですよね。

生理中の脱毛器の使用は、絶対にダメなわけではありません。でも、せっかくなら、痛みが少なく脱毛効果も期待できるタイミングで使ってみませんか。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!