tatooいわゆる刺青(入れ墨)のイメージとは違い、今やファッションや自己表現の一つと考えられることもあるタトゥー。せっかくお気に入りのタトゥーを入れたならムダ毛処理もしっかりして、オシャレに見せたいですよね。

でもあなたは、タトゥーがあると脱毛器を利用することができないという話を聞いたことがありませんか。このウワサ…残念ながら事実です。

足首や二の腕にカッコいいタトゥーを入れているのに、すね毛や腕の毛がモシャモシャなんて悲しすぎますよね。

そこで今回は、タトゥーがあるとなぜ脱毛器が使えないのか、さらに、タトゥーをしていても脱毛できる方法についてもご説明していきたいと思います。

今現在タトゥーが入っている人も、これから入れたいなと思っている人もぜひ参考にしてみてください。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

なぜ、タトゥーをしていると脱毛器が使えないの?

脱毛器に使用されているフラッシュやレーザーの光は、黒いメラニン色素に反応します。そして、毛を作る元である毛根部分には、メラニン色素がたくさん集まっています。

肌に脱毛器の光を照射すると、光が毛穴を通って毛根部分に伝わり、熱エネルギーに変わります。その熱が毛根にダメージを与えることで毛を生えにくくする、というのが脱毛器の仕組みです。

この仕組みこそが、タトゥーをしていると脱毛器が使えない理由です。詳しくご説明します。

火傷(やけど)をする可能性があるから

フラッシュやレーザーの光が黒いメラニン色素に反応すると言いましたが、この光、実はタトゥーにも反応します。タトゥーは、肌に針で傷をつけたあと、墨などの染料を入れます。この染料の色素と肌のメラニン色素を、脱毛器が判別することはできません。

せっかく脱毛器を使用しても光がタトゥーに反応してしまうと、毛根までパワーが届きません。そうなると、脱毛効果は低くなってしまいます。

それどころか、タトゥーにフラッシュの光が反応して熱エネルギーが発生すれば、強い痛みが生じたり、火傷をしたりする可能性もあります。

このような理由から、タトゥーがある場合、脱毛器の使用はできません。

タトゥーに影響が出ることがあるから

もう1つの理由は、脱毛器を使うことで、せっかくのタトゥーが台無しになってしまう可能性があることです。

タトゥーに詳しい方はご存じかもしれませんが、タトゥーを消す方法の1つとして、レーザーがあります。もちろん、タトゥー消しと脱毛用のレーザーは、種類もパワーも異なりますが、色素に反応するという点は同じです。

そのため、タトゥー部分にレーザーやフラッシュを当ててしまうと、絵柄や文字が崩れたり消えたりする可能性があるのです。

高いお金を払って入れたお気に入りのタトゥーが、そんなことになってしまわないよう、タトゥー部位には脱毛器を使わないようにしましょう。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

タトゥーをしている人はどうやって脱毛すればいい?

家庭用脱毛器だけでなく、エステサロンやクリニックでも、タトゥーがある人の施術は断られることがあります。では、タトゥーがある場合、シェーバーやワックスでの処理しかできないのでしょうか…。

そんなことはありません。タトゥーを入れていても脱毛器が使える方法はあります。

タトゥー部分を保護して照射する

脱毛器が使えないのは、体にタトゥーがあるからではありません。タトゥーのある部分には使えないということです。それならば、タトゥーを避けて使えばいいわけですよね。

小さいデザインなら、絆創膏やテープを貼って保護し、照射することができます。ただし、フラッシュの光は拡散するため、テープを貼っていたとしてもあまりタトゥーに近い部分の照射はオススメできません。

脱毛クリニックなどでも、“タトゥーから○センチ離して照射する”といったところもあるようです。ですから、広範囲に入っている場合はその周辺の脱毛は難しくなります。

もちろん、脚にタトゥーがある人が腕に照射することなどは問題ありません。

サーミコンタイプの脱毛器を使う

サーミコンタイプとは、レーザー式やフラッシュ式と違い、皮膚表面に出ている毛を熱線で焼き切るというものです。

毛根には作用しないため、時間が経てばまた生えてきてしまいますが、手軽な脱毛器として人気です。厳密に言えば脱毛ではなく「除毛」ですが、広範囲にタトゥーがあり、レーザーやフラッシュ式の脱毛器が使えないという方には、選択肢の1つのなるのではないでしょうか。

ニードル脱毛を行う

ニードル脱毛とは、毛穴に専用の針(ニードル)を刺し、電流を流して毛根にダメージを与えるという脱毛方法で、エステサロンや美容皮膚科などで受けることができます。

毛穴1本1本に対して行うため時間やお金がかかり、また痛みもあります。しかし、色素に反応する方法ではないため、タトゥーのある部分でも施術が可能です。

タトゥー部位だけニードル、ほかの部分は家庭用脱毛器を使用するという方法もおすすめです。

タトゥーと脱毛器まとめ

タトゥーがあっても、その部分を保護することで脱毛器を使うことは可能です。

また、タトゥーを入れていることをあまり知られたくない人にとっては、自宅で誰にも見られずにムダ毛処理ができる家庭用脱毛器は、むしろオススメです。ただし、ヤケドなどのリスクがあることは十分に理解し、使用する際は慎重に行ってくださいね。

関連記事:「ホクロがあると脱毛器は使えないの?の疑問にお答えします

そして、もしこれから脱毛もしたい、タトゥーも入れたいという場合は、先に脱毛を済ませましょう。そうすれば、さまざまな制限もなく、自由にタトゥーを入れることができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!