アトピーアトピー性皮膚炎をお持ちの方は、普段からムダ毛処理に関しては頭を悩ませていることと思います。ちょっとしたことが肌の刺激になるため、症状が悪化するのが怖くて、脱毛自体ができないという方もいるかもしれませんね。

でも、いくら肌への影響が心配とはいえ、肌を露出する季節にムダ毛をそのままにしておくわけにはいきません。

では、皮膚に直接ダメージを与えることなくムダ毛処理ができると言われている家庭用脱毛器ならどうでしょう。

今回は、アトピーの方でも家庭用脱毛器は使えるのかどうか、またその使用方法や注意点についてご説明していきたいと思います。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

自己処理は皮膚トラブルの原因になる

アトピーの方は、ご家庭でムダ毛の自己処理をする際にもいろいろと気をつけなければならないことが多いですよね。

例えば、使うたびに角質層まで削り取ってしまうカミソリや、薬品で毛を溶かす脱毛クリームなどは、肌に大きなダメージを与えてしまいます。今流行りのムダ毛を一気に引き抜くブラジリアンワックスなども、アトピーの方の肌へは負担が大きすぎて使えません。

外からの刺激に敏感なアトピーの肌に、こういった強い刺激を与えると、症状が悪化して赤みが出たり、かゆみがひどくなったりしてしまうことがあります。

アトピー性皮膚炎とまではいかない敏感肌の方でも、やはり自己処理によって皮膚トラブルを起こしてしまう可能性があるので注意しなければいけません。

家庭用脱毛器はアトピー性皮膚炎の肌にも使える?

では、エステサロンや脱毛クリニックなどと同じ仕組みでムダ毛処理ができる家庭用脱毛器なら、アトピーの肌にも使うことができるのでしょうか。

家庭用脱毛器は肌にやさしい脱毛方法

ケノンなどのフラッシュ脱毛や、トリアなどのレーザー脱毛は、肌に光を照射し、その光エネルギーが毛根のメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わり、毛根にダメージを与えることで毛を生えなくするという方法です。

カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどと違い、肌や毛穴を直接傷つけることがないので、アトピーの症状にお悩みの肌にも比較的やさしい脱毛方法と言えるでしょう。

永遠に終わることのない通常の自己処理とは違い、1度脱毛が完了してしまえば、その後は毛が生える間隔があいたり、産毛程度しか生えてこなくなる場合がほとんどです。

肌に負担をかけながら頻繁にムダ毛ケアをする必要もなくなるため、長期的に見てもオススメの脱毛方法と言えるでしょう。

ただし、肌の乾燥を引き起こすことも

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光は、毛根部分で熱エネルギーに変わるという性質上、照射した際に肌に熱がこもりがち。適切なケアをしないと、その熱が肌を乾燥させ、アトピーや敏感肌のかゆみを引き起こしてしまう可能性があります。

ほかの自己処理に比べれば安全な脱毛方法ではありますが、使い方によってはアトピーの症状を悪化させてしまうことがある、ということをしっかり認識しておきましょう。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!

アトピーの人が脱毛器を使う際、絶対に守るべきポイント!

通常の肌よりも刺激を受けやすいアトピー性皮膚炎の方の場合、脱毛器を使う際はどういった点に気をつければ良いのでしょうか。

脱毛後の冷却と保湿を十分に行う

アトピーの方が脱毛器を使う際は、脱毛前後に冷却することが大切です。

アトピー性皮膚炎の肌は、水分保持能力が低下している傾向があります。つまり、通常の人よりも肌が乾燥しやすいということです。乾燥した肌はバリア機能も低下しているため、外からの刺激に反応しやすくなってしまいます。

脱毛器は、照射した際に毛根で熱エネルギーを発生させます。この熱によって肌の乾燥が進んでしまうのを防ぐために、保冷剤などを使って脱毛部位をしっかりと冷やす必要があるのです。

また、脱毛の際の痛みを感じにくくしたり、赤みなどの炎症を抑えたりするためにも冷却は必ず行ってください。十分に冷却して肌のほてりが治まったら、普段から使いなれたクリームなどで脱毛後の肌をしっかりと保湿しましょう。

照射パワーを弱めて使う

家庭用脱毛器のほとんどは、照射レベルの調節が可能です。出力を上げるほど脱毛効果は高くなるため、なかには痛みを我慢して照射レベルをマックスにする方もいるようですが、アトピーの方は、そのような使い方は絶対にNGです。

必ず最低出力から始め、肌の様子を見ながら少しずつレベルを上げていきましょう。

また、フラッシュやレーザーの光は黒いメラニン色素に反応する性質があるため、アトピーが原因で色素沈着している部分には強く反応し、ヤケドを起こす可能性もあります。他の部分に比べて明らかに肌の色が濃い部分は、念のため避けて照射した方が良いでしょう。
関連記事『ホクロがあると脱毛器は使えないの?の疑問にお答えします

まとめ

ほかの脱毛方法に比べて肌にやさしい家庭用脱毛器は、基本的にはアトピーの方でも使うことができます。

とは言うものの、肌がジュクジュクしていたり、照射前からかゆみがあったりする部位の使用は控えた方が良いでしょう。アトピーの状態は人それぞれなので、心配な方は自己判断せずに、1度皮膚科に相談すると安心ですね。

また、体全体ではなく部分的にアトピーの症状が出ているのであれば、その部分だけを医師が在中している脱毛クリニックにお願いするというのも一つの方法です。

▶▶脱毛方法、ランニングコスト、照射面積、照射パワーなどを総合的に見たうえで当サイトがおすすめできる脱毛器ランキング!